1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫コンドームを着用すると中折れしてしまう男性への対策とは

コンドームを着用すると中折れしてしまう男性への対策とは

こちらではコンドームを着用すると中折れしてしまう原因と、対策について解説しています。真剣に悩んでいるという貴方は最後までご覧ください。

 

コンドームを着用すると中折れしてしまう原因

コンドームを装着しようとしたら中折れしてしまったというのは案外若い人に多いトラブルで心因性の勃起障害に近い状態だと言えます。

比較的多いケースがコンドームを素早く装着することが出来ずに焦ってしまう人です。焦ると裏表が逆だったり、コンドーム全体を引っ張ってしまい外側に巻き込み失敗する恐れがあります。

他の理由としては一気に性的興奮が醒めてしまうケースもあります。コンドームを装着するという行為は性欲とは反対の理性的な行為なので余計そのように感じてしまうのかもしれません。

さらにコンドームを装着している自分が傍から見たらカッコ悪いと客観的に考えていまい居た堪れなくなってしまいます。

男性は多かれ少なかれコンドームを装着する時には気持ちは冷めるモノです。だけど中折れしない人は勃起力があるからと言えます。

少し冷めたり焦ったくらいで中折れするのは勃起力が弱いのかもしれません。だから勃起力の向上を目指す必要があります。

 

コンドームを着用すると中折れしてしまう男性の対策

焦ってしまう人の対策は事前にコンドームの裏表を確認し表を上にして準備しておけば薄暗くても間違える心配はありません。

さらに本番で失敗しないように1人で何度も練習すれば、本番は焦ることなくスムーズに装着することが出来ます。中折れは心因的なモノの場合はそれで上手くいく筈です。

冷めてしまう人の対策は雰囲気が途切れるのが嫌というのなら女性にコンドームを装着してもらうといいでしょう。

それなら焦ることもなく、失敗するといった不安も男性側にはないと言えます。セックスの前戯の一環として官能的な流れのままコンドームを装着することが出来ます。それなら気持ちが冷めることはないと言えます。

挿入直前にコンドームを装着するのではなく前戯の途中で装着するのも1つの手です。

勿論装着時には中折れしてしまいますが、そこから再度性的興奮は上がり勃起するので心配ありません。

大半の人が性的興奮が1番高まった時にコンドームを付けて挿入しようとするのですが1度半起ちになった状態でコンドームを装着し、性的興奮が高まり完全に勃起した状態で挿入すれば挿入時の中折れを予防することが出来ます。

 

精力剤による中折れ対策が一番効果的

勃起力を向上する為の対策はアルギニン、シトルリンを精力剤で摂取し血行を良くすることでコンドームを装着する時の中折れを防ぐことが可能になります。

中折れ対策として最も簡単なのがバイアグラといったED治療薬を使用することですがED治療薬は中折れを治療する薬ではいので根本的な対策とは言えません。

根本的な対策としては生活習慣を見直して血流改善を目指す必要があります。それを補助する意味でも精力剤は有効です。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング