1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫飲酒すると中折れ!そんなときの対策とは

飲酒すると中折れ!そんなときの対策とは

加齢が進んでくると精力が減退してくるので性交渉をしているに途中で中折れしてしまうという事も少なくないでしょう。

中折れの原因は加齢による精力減退もありますが、飲酒した後に摂取したアルコールによって神経伝達を抑制されるというのも原因として挙げられます。

そのためお酒が好きで飲酒する習慣がある人が中折れをどのように対策していけばいいか見ていく事にしましょう。

 

飲酒後の中折れ対策について

飲酒後には性交渉をしない

飲酒をした後は摂取したアルコールによって酔った状態になるので気分が上がってしまい勢いで性交渉をしてしまうという人もたくさんいます。

しかし摂取したアルコールによって神経伝達を抑制されていて性的に興奮していても男性器に伝わりにくくなって勃起力が低下してしまいます。

そのため勃起をしても持続する事が出来なくなって性交渉中に中折れしてしまいます。中折れをしてしまうとパートナーの女性も気分を悪くしてしまうので性交渉をする前に飲酒をしないようにするといいでしょう。

 

規則正しい時間に睡眠を取る

飲酒をする習慣がある人は体力的に疲れている事もあるので回復させる事も大切になってきます。

そのため規則正しい時間に睡眠を取って体を休ませるようにする必要があります。体を休ませて疲労を取り除ければ精力も回復してきます。

また22時~2時の間に成長ホルモンが分泌されて精子を製造するのにも大きな影響を与えます。

そのためこの時間帯に睡眠を取るようにすれば質の良い精子がたくさん製造されて精力増進にも繋がっていき性交渉中に中折れする事もなくなっていきます。

 

お酒を適量で我慢する

お酒を適量飲むこと自体はリラックス効果が有るため、むしろ心因性EDの改善効果などが期待できます。

飲み過ぎるとアルコールの分解のために、勃起に必要な栄養素を消費してしまうのですが、適量であれば薬になるとも言えます。

やはり一番の根本的な対策はお酒を適量で我慢するということでしょう。

 

飲酒する時に喫煙しない

飲酒をする時になると喫煙する人多いですが、喫煙によってニコチンが体内に侵入してしまうと血管が収縮してしまい男性器に必要な栄養素が行き渡らなくなります。

そのため血流が悪くなるのはもちろんですが、男性器が必要な栄養素を摂取出来なくなってしまうので中折れの症状が出る他に完全な勃起不全になってしまう可能性もあります。

飲酒する時は喫煙したくなってしまいますが、精力の事を考えると止めた方がいいでしょう。

 

精力剤を試してみる

中折れの根本的な原因はED(勃起不全)だったり、精力減退であったりします。

アルコールを飲んだ時だけ元気が無いのであれば、アルコールを控えるのがベストですが、普段もイマイチの時は精力剤を試してみましょう。

精力剤には、アルギニンはマカなどの中折れ防止に有効な多数配合されています。試してみる価値は大いにあります。

 

飲酒後の中折れ対策まとめ

以上が飲酒後の中折れ対策のまとめになります。根本的な対策は飲まないことなのですが、それもなかなか難しいですよね。

一番ベターなのはお酒を適量に控えて、精力剤を用いて精力を高めていくことでしょうか。それが一番ベストだと感じています。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング