1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫ED(勃起不全)に本当によく効く漢方薬とは

ED(勃起不全)に本当によく効く漢方薬とは

EDとはいわゆる勃起不全のことで疾患の一つであり、男性が性的に興奮しても勃起しなかったり勃起が不十分だったりする状態のことを指します。

このEDの症状は特定の疾患を患っていたり、加齢とともに現れやすくなりますが、時には比較的若い男性でも仕事や学業などで疲れていたり、悩み事があったり、精神疾患を抱えていたりするとなりやすくなるものです。

 

EDは治療が必要な場合もあります。

EDに関しては命に直接かかわるような疾患ではないので、治療は不要だというふうに思われがちですが、時には治療を要する場合もあります。

これから子どもを持ちたいというような男性に関してはEDの症状があると、性行為が不可能になり不妊の原因になることもあるので、専門の医療機関での治療が必要です。

また特に子どもを持ちたいという希望がなくても、本人がEDのことでひどく悩んでいるのであれば治療が必要になることもあります。

 

EDの治療について

EDの治療については、専門の利用期間を訪れて医師に相談することから始まります。現在日本ではEDの治療については自己負担になるものの、処方薬やカウンセリングが行われます。

処方薬には有名なものとしてはバイアグラなど複数のものがありますが、特定の薬をすでに服用している人には処方できませんし副作用も強いので、もし薬でEDの治療を安全かつ確実に行いたいのであれば、漢方薬を選ぶのも1つの方法です。

 

EDに効果がある漢方薬について

漢方薬でEDの症状を改善しようとするならば、まず何が原因となって症状が現れているかを診断する必要があります。処方は漢方薬局に行ってもしてもらえますし、漢方薬を処方している内科などの医療機関を受診しても可能です。

疲労が原因となってEDが起きているならば、疲労回復にも効果のある補中益気湯や十全大補湯などを服用するとEDの症状が緩和される可能性も高いです。

精神的に不安定な状態が原因でEDを引き起こしているのであれば、桂枝加竜骨牡蛎湯などを服用することで精神を安定させ、EDの改善も同時に行うことも可能です。

また八味丸は性交不能症に効くとされている漢方薬なので、EDに悩む人にはぴったりの漢方薬です。

これらの漢方薬に関しては特に漢方に詳しい医師に相談すれば、EDの原因となっている症状に合わせた漢方薬を処方してもらえ、EDの治療を行うことができます。

そして保険診療を行っている医療機関を受診した場合、EDの治療自体は保険適用にはなりません。

EDの原因となっている疾患があってその漢方薬が効きそうだと思われる場合には、保険適用で漢方薬を処方してもらうことも可能になり、費用も安くなります。

 

関連記事はこちら

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング