1. 精力剤KING
  2. オナ禁・オナニー
  3. ≫【危険】間違ったオナニー方法13選!全てが手遅れに前に見るページ

【危険】間違ったオナニー方法13選!全てが手遅れに前に見るページ

人それぞれ気持ちの良い箇所も違うし、気持ちよければ何でもいい!オナニーのやり方に正解も間違いもないと思いますよね。

でもその考えは危ないですよ。もしも、間違ったオナニーを続けていると、ED(勃起不全)になる可能性があるんです。

それだけでなく、健康被害にも及ぶ危険性やセックスの際に射精できなくなるなんてことも・・・!

間違ったオナニーをしないためにも、正しい知識やリスクを知った上で、安全なオナニーをしましょう。

気持ちいのが正義!でもリスクだけは把握しておこう

これは持論だけど、基本的にはオナニーは気持ちいいが正義だと思っている。

ネット上では頭ごなしに、このオナニーは間違っている的なことをいう人が多いけど、それは違うと思うし、おこがましいとさえ感じる。

お前は神にでもなったつもりかと声を大にして言いたい。

そもそも相手がいなければ、気持ちいいオナニーを追求しちゃうのは当然の流れなわけで。それは決して悪いことではない。

ただ現実問題として、セックスをする相手がいる場合は、色々と問題が起きるオナニーも存在します。

大事なのはそのリスクを知っていてやっているか、知らずにやっているかだと思う。そこについてこれから詳しく解説していきますね。

 

間違ったオナニーは男性機能障害を引き起こす

  • ED(勃起不全)
  • 早漏・遅漏
  • 前立腺炎
  • 尿道炎
  • 膀胱炎
  • 亀頭包皮炎
  • 膣内射精障害
  • 中折れ

間違ったオナニーを続けると、こられのリスクが考えられます。

そもそも勃たなくなってしまったり、セックスの時に女性の膣の中でイクことができなくなったり、ペニス自体が炎症を起こしたりと危険がたくさん。

取り返しがつかなくなる前に、間違ったオナニーをしていないか確認しましょう。

 

男性機能障害を起こしやすいオナニー方法13選

ちなみに男性機能障害を起こしやすいオナニー方法は13個存在します。これらについて実体験を交えながら詳しく解説していきます。

 

1.床オナニー

床オナニーは床にペニスを押し付けてするオナニー方法です。

自分が小3の頃に初めてしたのもこの方法で、極めると勃起しない状態でも射精可能という危険な方法でもある。

非常にお手軽に射精が出来て、1分くらいで射精することも可能。

最短でスッキリしたいときにはお勧めなんだけど、膣の刺激よりもかなり強いため遅漏や膣内射精障害になったりするデメリットがある。

個人的には好きだけど、それなりにリスクのある方法だと言える。

 

2.強く握ってオナニー

これはめちゃくちゃ強くペニスを握ってするオナニー方法です。

このオナニー方法はかなり気持ちいい。ただ女性の膣の間隔と比較すると、明らかに刺激が強すぎるので遅漏や膣内射精障害になりやすい。

女性のフェラとかでも逝きにくくなるので注意が必要かな。

女性の膣では逝けないので、アナルセックスをしたがる男性も多いけど、それに関してはまずはこの遅漏を何とかしたほうが良いと思います。

 

3.皮オナニー

皮オナニーというのは、ペニスの皮を使ってするオナニー方法です。

皮の部分を使ってしごくので、ローション無しでも出来るお手軽さが魅力のオナニーです。ただこの皮オナニーも何個か問題点があるので注意。

  • 皮オナニーをしていると皮が伸びやすい
  • 皮の刺激は弱いため、実際に膣に入れると早漏になりやすい
  • 射精時に臭いが残る

などの問題点があります。だから早漏を何とかしたい場合は、めんどくさくてもオナホとローション活用でオナニーしましょう。

参考記事①:早漏防止トレーニング!早漏の定義と原因別の改善&克服方法

 

4.足ピンオナニー

足ピンオナニーとは、足をピンと伸ばしてするオナニーです。

足をピンとすると緊張感が高まるため、射精時の快感が増すのが特徴です。この方法も気持ちいい方法なのですが、遅漏のリスクがあります。

つまり膣内に挿入している時も、足ピンでないと逝けないリスクがあります。

足ピンで出来る体位は騎乗位くらいなので、実際のセックスでは結構な影響は受けそうですね。

 

5.寸止めオナニー

これは射精を寸止めするオナニー方法です。

この方法は気持ちいい時と、気持ちよくない時の2種類がありますね。逝きそうになったら止めるときは気持ちいいです。

ただ射精が始まったのを強引に止めるのは、逆行性射精を招くのでかなりリスキーです。

  • 逆行性射精(対外ではなく膀胱にいってしまう)を引き起こす
  • 精子が膀胱に逆流してしまい不妊の原因になる
  • 膀胱炎や尿道炎の原因になる
  • 睾丸の痛みの原因にもなる

などのリスクがあります。早漏トレーニングとして行っている場合は早急にやめた方が良いでしょう。

 

6.亀頭オナニー

亀頭オナニーとは亀頭を直に刺激するオナニー方法です。

男性の亀頭は非常に敏感であるため、あまりにも亀頭を攻めるオナニーに慣れすぎると遅漏や不感症のリスクがあります。

早漏トレーニングの一環として、亀頭トレーニングが用いられますが亀頭特化でやり過ぎるのは良くないということです。

また亀頭を触る際は手を清潔にしないと尿道炎のリスクがあります。ちなみに管理人もそれが原因で一度尿道炎になったことがあります。

 

7.シャワーオナニー

シャワーオナニーとは、シャワーをペニスや乳首、睾丸に当てて楽しむオナニー方法です。

この方法はそこまで大きな害はないのですが、セックスとは違う刺激になるので遅漏などのリスクが少しですが存在します。

一応意識としておくと良いでしょう。パートナーと入浴中に試してみると、愛情が深まったりするのでおすすめです。

 

8.アナルオナニー(アナニー・前立腺オナニー)

アナルオナニーとは、アナルを刺激しながら楽しむオナニーです。

このアナルオナニーはかなりハイリスクハイリターンなオナニーです。ぶっちゃけ気持ちい。めちゃくちゃ気持ちいい。

アナルの入り口で感じるタイプと、前立腺で感じるタイプの2種類の人がいますが、自分は両方とも感じるタイプです。

入り口の出し入れも気持ちいいし、前立腺を指で押し上げながら射精するのが最高ですw

ただそんなアナルオナニーですが、それ相応のデメリットもあります。

  • アナルに入れる指や道具を清潔にしないと、感染症のリスク有り
  • やりすぎると前立腺炎になったりする
  • 前立腺は男の子宮なので、刺激しすぎると精神的に女化しやすい
  • 最後は男に中出しされたくなるくらい前立腺が疼く

というデメリットがあります。手軽なだけに非常に危険です。

 

9.尿道攻めオナニー

これは尿道を重点的に攻めるオナニー方法です。

この方法も気持ちいいオナニーです。ローションでぬるぬるにしてから尿道を攻めても良いですし、尿道にタオルをかけて上から電マを当てても良いです。

ただ気持ちいい方法なのですが、遅漏になったり尿道炎になるリスクはあります。

男性の尿道は長いため、細菌が入るとすぐに雑菌が増殖して炎症を起こしやすいので注意が必要です。

ちなみに尿道カテーテルを使って、尿道を攻める専門的な方法に関しては素人は絶対にやめておきましょう。

この方法はガチで危険です。

 

10.即抜きオナニー

これは1~2分くらいの超スピードで抜いてしまうオナニー方法です。

これは忙しい時に重宝するのですが、この方法は短時間で強い刺激を与えるため、遅漏や中折れの原因になります。

確かに忙しいてムラムラするときは重宝するのですが、そういう場合はオナニーは我慢して別の事をして方が良いかもしれません。

 

11.1日に何回もオナニー

これは1日に何回もオナニーをしてしまうことです。

自分も1日に10回以上オナニーしていたことがありますし、管理人が20代の時は月100回くらいはオナニーをしていた記憶があります。

ただオナニーをし過ぎると多くのデメリットがあります。

  • オナニーに夢中で生産的な作業が出来ない
  • 射精し過ぎで体力を浪費する
  • 疲れたから寝るとまたオナニーしたくなる
  • オナニー依存症になる

ええ・・・オナニーしすぎると健全な生活が送れなくなります。

ちなみにガチで困っている場合はオナ禁・またはオナ減にチャレンジしてみましょう。

参考記事①:オナ禁を成功させる10のコツと我慢する方法を丁寧に解説【オナ減】

 

12.半勃起オナニー

これは半勃起(半立ち)状態でオナニーして射精する方法です。

この方法はペニスの立ちが悪い時に良くしてしまうのですが、EDの原因になるので避けたほうが良いです。

ペニスが完全に勃起してない状態で射精すると、体がそれを覚えてしまいますので。実際のセックスには悪影響になります。

これに関してはリラックスして副交感神経を優位にして勃起を促す、EDに効果的なサプリメントを摂取するなどの対策が有効です。

参考記事①:EDに効く勃起不全サプリおすすめ比較ランキング【インポ・中折れ改善】

 

13.過激なAVを見たオナニー

最後は過激なAVを見たオナニー方法です。

これに関しては確かに興奮するのですが、実際のセックスとのギャップが酷くなり、実際のセックスではイケなくなってしまう場合があります。

可愛い女優さんやコスプレ、レイプ、女子高生物などの過激であったり、非現実なもので抜いていると注意が必要です。

またAVに限らず、エロゲーやエロアニメとかも過激なものが多いので注意しておきましょう。一定のリスクがあります。

余談ですが見るならリアルなものが良いです。自分は結構、素人物が好きですねw

 

間違ったオナニーで実害で出てしまった場合はどうすべきか?

すでに間違ったオナニーを続けていて、実害が出ている場合は、早急に対応する必要があります。

少しでもペニスの様子がおかしいなと思ったり、勃たない・痛い・などの異変があった場合は、対処法を知っておくと安心ですよ。

 

1.炎症が出た場合はすごい恥ずかしいけど病院へ

痛くなったり赤くなったりという炎症が起こった場合は、とにかく早く病院へ。放置しておくと、もっと重症になりかねません。

恥ずかしいとは思いますが、ちゃんと理由を説明して治療をしてもらいましょう。

 

2.正しいオナニー方法になるように矯正する

  1. まずはリラックスをする
  2. しっかりと勃起させる
  3. オナホールとローションを使う
  4. 気になる人をおかずにしてオナニーする
  5. 30分程度の時間をかけて発射する

アブノーマルなオナニーに慣れてしまった方には、少し物足りないかもしれませんが、正しいオナニー方法はこの通りです。

少しずつ正しいオナニー方法になるように矯正してみてください

 

3.オナ禁をしてオナニーの回数を減らしてみる

過激なオナニーを繰り返していた人は、まずはオナ禁をしてオナニーの回数を減らしてみるのも有効です。

オナ禁には様々な効果が期待でき、メリットもたくさんあります。少しペニスを休ませてあげてはいかがでしょうか。

参考記事①:オナ禁を成功させる10のコツと我慢する方法を丁寧に解説【オナ減】

 

実際のセックスからかけ離れたオナニーはほどほどに!

あなたは間違ったオナニーをしていませんでしたか?メジャーなオナニー方法もあるので、知らず知らずのうちに、危険なオナニーをしていたのではないでしょうか。

刺激が強すぎたり、リアルとのギャップがあり過ぎると、勃たない・イけないなど、本番で失敗する危険性があります。

女性とのセックスとかけ離れた間違ったオナニーは、色々な問題が起きやすいから注意が必要ですね。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年版!最強精力剤ランキング

2222

2018年版!増大サプリランキング