1. 精力剤KING
  2. 早漏
  3. ≫早漏防止トレーニング!早漏の定義と原因別の改善&克服方法

早漏防止トレーニング!早漏の定義と原因別の改善&克服方法

こちらではタイプ別の早漏防止トレーニングについて解説します。

実は早漏というのはタイプ別に適切な対策が異なります。ですからまずは自分がどのタイプに分類されるかを知ることが大事です。

そしてタイプ別の原因を知り、対策を実施することで早漏改善をしていきましょう。

目次

早漏とは射精がコントロールできない状態の事

ちなみに最初にお伝えしたいのは早漏の定義についてです。

早漏の原因と対策についてこれから解説するのですが、そもそも早漏とは一体どのような症状を指すのでしょうか?

具体的な早漏の定義については、以下のようなものが挙げられます。

 

医学的な早漏の定義について

DSM-4※1の早漏の基準は「希望時間より早く挿入や 挿入後早期に射精する状態が、持続あるいは繰り返されること」とされ、キンゼイリポート※2は、「適切な時間とは、二人が相互に満足できる時間の長さ」と述べている。

※1 DSM-4:「アメリカ精神医学会」で定義したマニュアル
※2 キンゼイリポート:性化学者アルフレッド・キンゼイが発表した報告書

出典:早漏の定義と目標挿入時間(第93回日本泌尿器科学会総会)

医学的な早漏の定義としては、以上のようになります。

端的に言うと「お互いが満足する時間よりも早く射精してしまう状態」を早漏と定義しているようです。

ここで重要なのがお互いに満足をしているという点でしょう。勿論、どのくらい挿入したいかた個人差が有るので何とも言えません。

自分としては30分くらい挿入してないですが、人によっては5分で満足という方もいると思います。

 

女性の挿入希望時間の中央値は15分

【対象と方法】 平成15年8 月から平成16年2月の7ヶ月間に、プライバシーが守られる ことを説明し同意が得られた女性 112 名に、アンケート調査を 実施した。アンケート用紙は無記名とし、年齢と膣内挿入希望 時間のみを記入してもらい回収した。

【結果】女性 112 名の年齢 は、20-58歳(平均30.6: 103 歳)で、膣内挿入希望時間は 30 秒 – 120分(平均17.3:152分、中央値 15分)であり、年齢と の相関は認められなかった。

出典:早漏の定義と目標挿入時間(第93回日本泌尿器科学会総会)

ちなみにここで女性側の挿入希望時間を見ていきましょう。すると女性の挿入希望の中央値は15分です。

こうしてみると女性は長時間の挿入を好む傾向があります。15分間は男性は持続させる努力をしたほうが良いと言えます。

 

日本人の50%以上は早漏に悩んでいる

そしてこちらは明確なデータは存在しないのですが、一般的には日本人の約半数は早漏に悩んでいると言われています。

これに関しては様々な原因が考えられますが、個人的には包茎率の高さや日本人の抱えているストレスなどが影響していると思います。

日本人は早漏に慢性的に悩んでいる人種なので、適切な早漏対策を行うことは必須だと思います。

 

早漏の原因は5つ!自分がどれに該当するかチェックしよう!

続けて考える早漏の原因について解説していきます。具体的には以下の5つが早漏の原因であると言われています。

  1. 過敏性早漏⇒亀頭が敏感なのが原因
  2. 心因性早漏⇒精神的なストレスが原因
  3. 衰弱性早漏⇒筋力の衰えが原因
  4. 器質性早漏⇒病気が原因
  5. 間違った自慰による早漏⇒正しくないオナニーが原因

これらの早漏の原因について、詳しく解説していきましょう。

 

1.過敏性早漏⇒亀頭が敏感なのが原因

過敏性早漏とは亀頭が敏感すぎて、すぐに射精をしてしまう状態のことです。

通常ならば大脳で十分に興奮してから射精するのですが、過敏性早漏の場合は亀頭が敏感すぎるので興奮よりも早く射精が起こってしまいます。

これに関しては亀頭の敏感さが根本原因なので、それを取り除くことで解消可能です。

 

2.心因性早漏⇒精神的なストレスが原因

心因性早漏とは精神的なストレスが原因の早漏です。

精神的なストレスには色々とあるのですが、極度の緊張状態にあると射精が起こりやすいようです。

また初めてのセックスや、好きな相手とのセックスで早くなりやすい傾向があります。

 

3.衰弱性早漏⇒筋力の衰えが原因

衰弱性早漏とは身体の衰えが原因で起こる早漏です。

この衰弱性早漏は40代以降の男性に多く、PC筋という筋力の衰えによって発生するものです。これに関してはPC筋を鍛えて改善可能です。

また男性ホルモンの低下が早漏の原因になってしまっている場合があります。

というのも男性ホルモンが低下していると、勃起力が低下するからです。

ですから勃起するために刺激を与え続けなくてはならないので、ペニスが勃起した際にはかなりの興奮状態になってしまっている場合があります。

その状で挿入をしたら最後、即射精してしまうわけです。これも男性ホルモンを補うことで改善することができます。

 

4.器質性早漏⇒病気が原因

器質性早漏とは病気が原因の早漏です。

実は病気が原因で早漏になる場合があります。甲状腺疾患、前立腺炎などの疾患により早漏になってしまう場合があります。

 

5.間違った自慰による早漏⇒正しくないオナニーが原因

また間違った自慰も早漏の原因となります。

ここで言う間違ったオナニーというのは、皮オナ、床オナなどの実際のセックスとはかなり異なる刺激によるオナニーです。

これに関しては間違ったオナニーを解消することで改善可能です。

 

タイプ別の正しい早漏対策について

そしてこちらではタイプ別の早漏対策について解説します。

自分のタイプにあった早漏対策を実施することが大事です。特に器質性早漏に関しては、病気の治療をしないと治りません。

ちなみに一般的には過敏性早漏と心因性早漏が多いので、まずはそこの対策を試してみましょう。

 

過敏性早漏の改善方法について

過敏性早漏は亀頭に対する刺激に慣れさせる。または刺激を抑えることで解消できます。

具体的には以下の8つの方法を試してみると良いでしょう。

  1. 早漏防止トレーニングを実施
  2. 早漏防止スプレーを使う
  3. 早漏防止用塗り薬・クリームを使う
  4. 早漏防止薬を使用する
  5. 早漏用コンドームを使用する
  6. 包茎を克服する
  7. 早漏改善手術を受ける
  8. 早漏向けの体位を試してみる

それでは早速解説します。

 

1.早漏防止トレーニングを実施

まず最初は早漏防止トレーニングを行うという方法です。

早漏防止とレーニン二ングに関しては、以下のような方法を試すと良いでしょう。

  • スクイーズ法
  • セマンズ法
  • 冷温法
  • ローリング愛撫法
  • 指しぼり愛撫法
  • 亀頭エッジ愛撫法
  • PC筋トレーニング

この中で推奨なのはローリング愛撫法指絞り愛撫法亀頭エッジ愛撫法PC筋トレーニングです。

名称 やり方 効果
ローリング愛撫法 手のひらと亀頭を密着させて、ローリングさせるようにして刺激する方法 亀頭を刺激に慣れさせる
指絞り愛撫法 片方の手でペニスを固定して、親指と人差し指で輪を作ってゆっくりと上下に動かす。指で作った輪でカリの内側を押し上げるようにして、中指、薬指、小指で亀頭を締め付ける方法。牛の乳しぼりのようなイメージ。 亀頭とカリを刺激に慣れさせる
亀頭エッジ愛撫法 ペニスを片方の手で固定して、親指と人差し指の付け根の薄皮で亀頭のカリの部分を刺激する方法。 カリを刺激に慣れさせる
PC筋トレーニング 肛門を5秒間締める・緩めるを繰り返す。10回1セットとして、朝、昼、夕方、就寝前に行う。1日40回。 射精を司る筋肉、PC筋の衰えを改善する。

以上のような方法を併用して、刺激に慣れさせることが大事です。

 

2.早漏防止スプレーを使う

続けての対策としては早漏防止スプレーを使用するという方法です。

早漏防止スプレーは局部麻酔成分を配合したスプレーの事で、吹きかけることで早漏を簡単に防止することが可能です。

ただし正しく使用しないと、パートナーの方も麻酔成分で麻痺してしまう危険性もあります。詳細は以下のページをご覧ください。

参考記事①:早漏防止スプレーおすすめ効果ランキング!副作用と使い方も徹底解説

 

3.早漏防止用塗り薬・クリームを使う

早漏防止の塗り薬やクリームを使用する方法です。

早漏防止の塗り薬は多く存在しますが、当サイトで掲載している商品の中では大東製薬工業株式会社のトノスを推奨します。

3つの早漏防止成分により、早漏を防止することが可能です。

参考記事①:大東製薬工業 トノスを徹底解説するページ

 

4.早漏防止薬を使用する

そして早漏防止薬を使用するという方法もあります。

早漏防止薬の服用は、世界的に見ても一番スタンダードな早漏改善方法であり、劇的な効果を期待することが出来ます。

射精までの時間が平均して3~4倍になったというデータもありますし、大きな副作用が少ないのも魅力です。

参考記事①:早漏防止薬おすすめ人気ランキング!早漏改善の効果・副作用を徹底比較

 

5.早漏用コンドームを使用する

画像出典:Amazon | NEW ゴクアツ 12個入り

また早漏防止用のコンドームを使用する方法もあります。

早漏防止用コンドームには、ゴムを厚くして刺激を緩和するタイプと、コンドームの先端に麻酔成分が塗布してあるタイプが存在します。

AV男優の気分になれると評判の商品なのですが、感度は落ちてしまうのは仕方がないようです。

 

6.包茎を克服する

包茎を克服するという方法もあります。包茎を克服することで亀頭が露出して、刺激に強くなります。

包茎状態の場合は、皮により亀頭が守られているので刺激にどうしても弱くなります。そして早漏を克服する方法としては、ペニス増大と包茎手術があります。

ただし包茎を改善しなければ、早漏は絶対に改善しないというわけではありません。どちらかと言うと最終手段だと思っておくと良いでしょう。

 

7.早漏改善手術を受ける

また早漏改善手術を受けるという方法もあります。

この早漏改善手術というのは、亀頭にヒアルロン酸やコラーゲンなどのフィラー剤(クッション材)を注入して刺激に強くします。

この方法は10万前後で行えて、外的にもきれいに仕上がるのですが、効果が数年しか持続しないという欠点があります。

 

8.早漏向けの体位を試してみる

そして最後は早漏向けの体位を試してみるという方法です。

実は体位によって射精しやすさというのは大きく異なります。体位の組み立て方によって、射精までの時間を伸ばすこと事が出来ます。

詳細は以下の参考記事をご覧ください。

参考記事①:【必見】早漏男性が絶対避けるべき体位と長持ちするおすすめ体位3選

 

心因性早漏の改善方法について

続けて精神的なストレスが原因である、心因性早漏の改善方法について解説します。

これに関してはメンタル面を工夫することで克服可能です。

 

1.深呼吸する

深呼吸をすることは早漏改善に効果が有ります。

理由としては興奮状態を抑えるのと、自律神経のバランスを整える作用があるからです。

射精というのは、副交感神経(リラックス状態)よりも交感神経(興奮状態)が有利になることで起こります。

深呼吸には興奮状態を抑えて、副交感神経が有利になる効果が有ります。ですからセックス中には深呼吸を取り入れるのは効果的です。

 

2.セトロニンを増やす

セトロニンには副交感神経を優位に働かせる作用があります。そのため副交感神経が優位になり射精が起こりづらくなります。

セトロニンを増やす方法としては、以下のようなものが存在します。

  • セトロニン生成に必要なトリプトファンを摂取する
  • 早寝早起きして日光を浴びる
  • スキンシップを行う
  • 腸内環境を整える
  • リズミカルな動きを繰り返す

などの対策を行うという良いでしょう。ちなみにトリプトファン配合の早漏改善サプリにはゼファルリンバリテインがあります。

 

3.パートナーに打ち明けて創意工夫する

そして最後の方法が、早漏だとパートナーに打ち明ける方法です。

というのも性行為時のプレッシャーが原因で、早漏になってしまうことがあるからです。この場合は打ち明けることで改善に向かう場合もあります。

そしてセックスというのはお互いの愛情表現なので、挿入以外でも満足する方法というのは沢山存在します。

前戯を大事にしたり、会話を大事にしたりして工夫をしていきましょう。

 

衰弱性早漏の改善方法について

続けて筋力の衰えが原因である、衰弱性早漏の改善方法について解説します。

体の能力を鍛えることによって改善可能です。特に射精を司るPC筋の強化は絶対です。しっかりと行っていきましょう。

 

1.PC筋のトレーニング

画像出典:前立腺ガン | ガン情報ポータル

衰弱性早漏の原因にPC筋の衰えがあります。主に40代辺りから衰え始めます。

こちらのPC筋を鍛えることによって、早漏を改善することが可能です。また衰えていなくても鍛えることで、持続時間を伸ばすことが出来ます。

名称 やり方 効果
PC筋トレーニング 肛門を5秒間締める・緩めるを繰り返す。10回1セットとして、朝、昼、夕方、就寝前に行う。1日40回。 射精を司る筋肉、PC筋の衰えを改善する。

またPC筋のトレーニングに関しては、上記のようなやり方で行います。毎日継続するのが効果的です。

 

2.精力剤で男性ホルモンを補う

男性ホルモンの低下が原因の早漏の場合は、精力剤で男性ホルモンを補いましょう。

男性ホルモンを補える精力剤に関しては2種類あり、それは強精剤とトンカットアリ配合の精力剤です。

強精剤は塗ることで男性ホルモンを補給することが出来る精力剤です。グローミン強力バロネスなどが該当します。

またトンカットアリ配合の精力剤としては、ヴィトックスαペニブーストなどがあります。これらの精力剤を選びましょう。

 

器質性早漏の改善方法について

続けて病気が原因の器質性早漏の改善方法について解説します。

具体的には甲状腺疾患、前立腺炎、慢性尿道炎、尿道感染症などの病気が原因の早漏です。これらの場合の改善方法は一つです。

 

1.医師の診断をしてもらい治療をする

それは医師に診断してもらい適切な治療をすることです。

前立腺や尿道系の病気に関しては、自然の治癒というのは厳しいです。ですから必ず病院にかかって治療を行いましょう。

 

間違った自慰による早漏の改善方法について

最後にですが、間違った自慰による早漏改善方法について解説します。

それは極めてシンプルで実際のセックスに近いシチュエーションでオナニーをするという方法です。

 

1.オナホールを使ってオナニーをする

オナニーをする際にはオナホールを使うようにしましょう。すると実際のセックスとかなり近い感覚を味わうことが出来ます。

自分の場合はオナホ以外にも、ローションとコンドームも使用します。

こうすることでかなり近いセックスにシチュエーションでオナニーをすることができ、実際に挿入した際に長持ちしやすいです。

 

2.実際のシチュエーションに近いAVを見てオナニーする

また視聴するおかずに関しても、実際のシチュエーションに近いAVを見ると良いでしょう。

まあ何を見ても自由だとは思いますが、トレーニングという観点ではやはり素人物とかが良いのではないでしょうか。

実際のパートナーとのセックスに近いものを見るのは良いかと思います。

 

自分のタイプを見極めて早漏対策をしてみよう!

そして一番大事なのは自分の早漏のタイプに合った対策をすることです。

そして早漏のタイプは5種類存在しますが、それらの混合タイプも存在することも忘れてはいけません。

ですから早漏の原因は1個づつ取り除くことが重要です。そうすることで早漏をすることは可能です。是非とも早漏克服にチャレンジしてみてください。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年版!最強精力剤ランキング

2222

2018年版!増大サプリランキング