1. ホーム
  2. 精力剤の成分
  3. ≫L-シトルリンの効果と副作用・正しい摂取量を徹底解説

L-シトルリンの効果と副作用・正しい摂取量を徹底解説

こちらのページではL-シトルリンについて解説しています。

今現在、ペニス増大や筋トレなどの様々な方面で注目されているシトルリンですが、実際の効果はどうなのでしょうか?

この記事では、そんな貴方の素朴な疑問にお答えします。

L-シトルリンとは

L-シトルリンはアミノ酸の一種であり、wikipediaではこう記載されています。

シトルリン(Citrulline)とはアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する化合物のひとつである。1930年に日本でスイカの中から発見され、そのラテン語citrullusに因んで名づけられた。動物、特に哺乳類で広く存在する。化学式はC6H13N3O3、IUPAC命名法では2-アミノ-5-(カルバモイルアミノ)ペンタン酸であり分子量は175.2g/mol。CAS登録番号は[372-75-8]である。

本文引用シトルリン – Wikipedia

このシトルリンは、1930年に日本でスイカの中から発見されました。

ちなみにシトルリンを含む全てのアミノ酸には、L型とD型の2種類があり、人の体内で働くアミノ酸は全てL型です。

そのためL-シトルリンは、シトルリンの中でも、体内で有効なL型のシトルリンだということが分かります。

 

L-シトルリンの効果・効能とは

そしてこのシトルリンですが、摂取すると以下の3つの効果を期待できます。具体的には以下の通りです。

  1. ペニス増大効果
  2. 筋肉増強効果
  3. 美容・健康効果

これらについて詳しく解説していきましょう。

 

1.L-シトルリンの魅力はペニス増大効果

L-シトルリンの効果として、最も有名なのはペニス増大効果です。

このペニス増大効果は、シトルリンが体内でアルギニンに変換される際に生成される一酸化窒素(NO)によるものです。

この一酸化窒素は血流を改善させて、ペニスを最大限まで勃起させます。

この一酸化窒素による最大限の勃起を繰り返すことで、次第にペニスは増大をしていくというメカニズムです。

ペニス増大のメカニズムは基本的に胃袋と同じです。沢山食べれば胃袋も大きくなりますし、小食なら小さくなります。

ペニスでも全く同じことが起こっているのです。そしてそれを助けるのが、シトルリンとそれにより発生する一酸化窒素なのです。

 

2.L-シトルリンで筋肉増強効果

シトルリンには筋肉増強効果も存在します。これシトルリンが体内で変化したアルギニンによる効果です。

シトルリンから変化したアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

この成長ホルモンの分泌効果により、筋力アップ効果が期待できるのです。

またシトルリンから生成される一酸化窒素には、パンプアップ(一時的な筋力増大)を促進させる働きがあります。

これは一時的な効果なのですが、パンプアップはバルクアップ(本当の意味での筋力アップ)には必要不可欠なのです。

 

3.L-シトルリンは美容や健康にも効果

最後にですがL-シトルリンは美容や健康にも効果的です。

シトルリンは、お肌の弾力やハリ、ツヤに関わる天然保湿因子(NMF)を構成するアミノ酸のひとつです。

お肌のハリ、ツヤは、この天然保湿因子(NMF)の質量に大きく左右されるので、シトルリンを補給することは、お肌のうるおいを保つうえで有効といえます。

また、シトルリンの持つ血流改善効果により、新陳代謝を活発にし、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進する効果も期待できます。

本文引用シトルリンと美容(むくみ) | アイドラッグストアー

このようにシトルリンには、美肌効果があります。

またシトルリンから生成される一酸化窒素には血流改善効果もあり、むくみ解消やデトックス効果も期待できます。

さらに一酸化窒素には血管の健康を保つという働きも有ります。

この効果により、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化などの成人病の予防効果も有ります。血管は健康に直結する要因なので、シトルリンの摂取は非常に重要です。

 

L-シトルリンの副作用とは

シトルリンの副作用ですが、基本的には存在しません。

これはシトルリンは体内で有益に作用するアミノ酸だからです。スイカなどにも含まれている栄養素なので基本的には大丈夫です。

元々シトルリンが医薬品成分でしたが、副作用は無いので安心してください。ただし何点か注意点があり、以下に該当する方は控えた方が良いでしょう。

  • 血管に問題を抱えている方
  • 妊娠中の方
  • シトルリン血症の方

そうでない場合は、基本的にシトルリンの服用は大丈夫です。

 

L-シトルリンの1日の摂取量の上限とは

医薬品・健康食品販売メーカーである協和発酵バイオ株式会社によると、シトルリンの1日の摂取量の目安は800mgです。

ちなみにこれ以上摂取しても、体外に排出されてしまうため、あまり効果がないのが実情なのです。

ですからシトルリンだけを大量に摂取するのではなく、アルギニンや亜鉛、トンカットアリといった成分と一緒に摂取するのが効果的です。

 

シトルリンとアルギニン・オルニチンの関係性

シトルリンは、アルギニンとオルニチンと深い関係性があります。

これらの3種類のアミノ酸の関係はオルニチンサイクルと、一酸化窒素サイクルという現象で解説することが可能です。

 

オルニチンサイクルとは?

体内でシトルリンとアルギニン、オルニチンは変化をしてます。

シトルリン⇒アルギニン⇒オルニチン⇒シトルリンといった感じで、体内で3種類のアミノ酸は変化を続けているのです。

この循環のことをオルニチンサイクルと呼称しています。

この変化の過程でアンモニアを無害な尿素に変換し、ミトコンドリアの働きを助けて、肝機能の正常に保つ働きがあります。

 

一酸化窒素サイクル

シトルリンはアルギニンに変換される際に、一酸化窒素(NO)を生成します。そしてアルギニンは、体内で変化をして再びシトルリンに戻るのです。

シトルリン⇒(一酸化窒素生成)⇒アルギニン⇒オルニチン⇒シトルリンという流れです。

先程のオルニチンサイクルと同じですね。このサイクルのことを一酸化窒素サイクルと呼んでいるのです。

ペニス増大サプリや精力剤に、シトルリンやアルギニンが多く含まれているのはこの一酸化窒素サイクルの恩恵を受けるためなのです。

 

L-シトルリンの配合されている食品・食べ物について

続けてL-シトルリンが配合されている食品・食べ物について解説します。

食品名 内容量(100g辺り) 推奨量(800mg)に必要な目安
スイカ 180mg 1/7コ
メロン 50mg 1.3コ
冬瓜 18mg 3.8コ
きゅうり 9.6mg 56.5本
にがうり 16mg 24.2本
ヘチマ 57mg 7.7本
クコの実 34mg 2.3kg
にんにく 3.9mg 290コ

データ引用シトルリンが含まれる食品|協和発酵バイオの健康成分研究所

こうしてみるとウリ科の植物に多く含まれています。スイカやメロンに豊富なのは嬉しいですよね。

食品で摂取するとなると、スイカが一番現実的のようです。

 

この記事のまとめ

  • シトルリンの効果はペニス増大・筋肉増強・美容と健康
  • シトルリンの副作用は基本的にはなし
  • シトルリンの1日の摂取量の目安は800mg
  • シトルリンはアルギニンとオルニチンと深い関係性がある
  • シトルリンはスイカ等のウリ科の植物に豊富

まとめると以上のようになります。このように様々な効果が有るシトルリンですが、摂取する場合はサプリメントが一番良さそうです。

シトルリンを正しく摂取すれば、ペニス増大、筋力増強などの様々な効果を得られるためおすすめです。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング