1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫育毛剤の副作用でEDになることはあるの?

育毛剤の副作用でEDになることはあるの?

結論から言うと、育毛剤の副作用でEDになることはあります。

こちらでは育毛剤の副作用と、EDについて詳しく解説していきます。特に今現在、薄毛治療を行っている方は必見です。

EDになる可能性がある育毛剤について

まず最初にですが、EDになる可能性がある育毛剤としては、フィナステリドデュタステリドが存在します。

これらの育毛剤は医薬品であるため、それ相応の副作用が存在します。

 

フィナステリドが原因でEDになる可能性

48週間の二重盲検比較試験(※1)において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー(性欲)減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等。
当院にお越しいただく患者様も勃起不全の副作用を気にされる人が多数いらっしゃいますが添付文書にある通り確率は0.7%程度です。気にし過ぎると「勃起不全になったらどうしよう」という強い不安から心因性のED(勃起不全)にもなりかねません。気にし過ぎは禁物です。

(※1)治験の際に「調べたい薬剤(被治験薬)」と「全く効果のない偽物の薬剤(プラセボ)」を使用。被治験者及び担当する医師やスタッフにもわからないようにして治験を進めることです。

本文引用プロペシアの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】

これだけだとわかりにくいのですが、要約すると0.7%の確立でフィナステリドでEDになる可能性があるということです。

ちなみにフィナステリドという名称よりも、プロペシアの名称の方が一般的ですね。フィナステリド系医薬品には、他にもフィンペシア、ファイザー等があります。

ちなみにこうしてみると、EDになる可能性はかなり低いことが分かります。精力減退を訴えたのも全体の1.1%となっています。

 

デュタステリドが原因でEDになる可能性

第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)
勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)

日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)
リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)(承認時)

本文引用ザガーロとプロペシアの違いを比較【浜松町第一クリニック】

またフィナステリド同系統の医薬品である、デュタステリドにもEDになる副作用が存在します。デュタステリド系統の医薬品としてはザガーロが有名です。

こちらのデュタステリドでEDになる確率は4.3%です。フィナステリドと比較するとかなり高いことが分かりますね。

ただそれでも4.3%なので、比較的少数派だと言えます。

 

副作用の気にしすぎで心因性EDの危険性あり

また厄介なのは育毛剤の副作用でEDがあると気にしすぎることにより、心因性EDが発症してしまう危険性があることです。

副作用を気にしすぎると、ストレスや不安により交感神経が優位になってしまいます。勃起というのは副交感神経が優位になっているリラックス状態で起こります。

つまり肉体的には何ら問題は無くても、育毛剤の副作用を気にしすぎることでEDになってしまうというケースが存在するのです。

ですがフィナステリドによるEDは0.7%と非常に少ないのが実情です。

ですから育毛剤の副作用でEDなんてのは極めてレアなケースで、もしも自分がそうだったのなら超レアなケースなんだな。

くらいの楽観的な気持ちでいるのが一番だと思います。

 

EDになる可能性がある育毛剤まとめ

フィナステリドとデュタステリドにはEDになる副作用があります。しかし両方ともEDになる可能性は6%以下です。

これを高いと取るか、低いと取るかは個人の価値観ですが、私はそこまで高くない思います。大事なのは気にし過ぎないことです。

副作用を気にしすぎることで心因性EDに発展する危険性があるからです。それに対処法もあるので安心してください。

 

ED治療と薄毛治療の両立は可能

ちなみにですがED治療と薄毛治療は両立することは可能です。

EDの副作用の有るフィナステリドとデュタステリドと、ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスは併用可能だからです。

また併用した場合はED治療薬の方が効くので、薄毛治療をしながら勃起することは問題ないのでご安心ください。

また薄毛治療とED治療は同じ泌尿器科の区分であるため、両方とも対応できるクリニックは多いです。

ED治療で有名な浜松町第一クリニックや、薄毛治療で有名なメンズヘルスケアクリニック東京でも、薄毛治療と薄毛治療の両面での対応可能です。

ですから両立希望の方は専門医に相談することを推奨します。

 

副作用がなくて薄毛に効く育毛剤を知りたい!

ちなみにフィナステリドやザガーロよりは効果が落ちるのですが、EDの副作用が全くない育毛剤も存在します。

薄毛の悩みがそこまで深刻でない場合は、EDの副作用のある医薬品の育毛剤ではなく、副作用のない医薬部外品の育毛剤を使用する手もあります。

副作用が無くて良く効く育毛剤に関しては、以下の外部記事をご覧ください。

 

この記事のまとめ

  • 育毛剤の副作用でEDになることはある
  • フィナステリドで0.7%、デュタステリドで4.3%
  • 副作用の気にし過ぎは心因性EDの原因になる
  • ED治療と薄毛治療の両立は可能なので専門医に相談を
  • EDになる副作用のない育毛剤も存在します

まとめると以上のようになります。育毛剤の副作用でEDになるというケースは極めてレアなので、気にし過ぎないないのがポイントです。

そして万が一副作用が発症した場合は、必ず専門医に相談するということです。そこさえ押さえておけば安心だと思います。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング