1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫疲れやすい体を克服するための4つ対策と1つの裏ワザとは?

疲れやすい体を克服するための4つ対策と1つの裏ワザとは?

最近は仕事で疲れやすくなった。頑張りたいのに体が付いていかない。。。

特に中高年になってから深刻化する体の疲労感や、体力の衰えに抗うのはどうすればよいのでしょうか?

今日はそんな体力の衰えの原因と克服する方法をご紹介します。是非とも最後までご覧ください。後悔はさせませんので。

元気が一番!元気があればなんでも出来る!

かのアントニオ猪木さんの名言です。確かに元気があれば何でもできます。

でも裏を返せば元気がないと、出来ることが限られてしまうということです。正直なところ貴方は今は元気ですか?

正直なところあまり元気ではない。これが本音でしょう。

では貴方が元気じゃない理由は何なのでしょうか?

 

貴方の元気がでない本質的な要因とは?

それは体力の衰えです。人の体は20歳をピークに衰えていきます。

ですから40~60代になれば体力なんて落ちて当然ですし、30代でも運動せずに乱れた生活を送っていれば体力はすぐに減退してしまいます。

  • 不規則な生活リズム
  • 乱れた食生活
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレスによる体力低下
  • 加齢による衰え

具体的には、上記のような項目が体力低下の原因となります。

ちなみにあまり知られていませんが、ストレスも体力低下の原因となります。

ストレスを感じると人の体は交感神経が優位(戦闘態勢)になり、満足な休息を取れなくなるためです。

これらに抗うための対策について、これからご紹介します。

 

低下した体力を回復させるための4つの対策

低下した体力を回復させる対策は以下の4つです。

  1. ウォーキング習慣を取り入れる
  2. スタミナが付く食事を摂取する
  3. 質の良い睡眠を意識する
  4. 疲労回復効果のある入浴法を心がける

これらの項目について、掘り下げて解説していきます。

 

1.ウォーキング習慣を取り入れる

まず試していただきたいのはウォーキングです。

ウォーキングには血行促進、新陳代謝の向上、精神的なストレスの緩和などの様々なメリットがあります。

また加齢による体力低下の理由の一つが動脈硬化です。

1日30分程度のウォーキングはこの動脈硬化を改善する働きも期待できます。そのため健康維持にも非常に効果的です。

ウォーキングに慣れて来たら、速歩やランニングに移行しても良いでしょう。

少し早歩きしてからゆっくり歩く。少し走ってからゆっくり歩くといった感じで、無理しない範囲で繰り返すのがポイントです。

代謝が上がり、良い汗をかいているなと実感することが出来ますよ。

 

2.スタミナが付く食事を摂取する

基本的には炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどのバランスの良い食事が必須です。

その前提条件の上で、特に意識してほしい栄養素はビタミンB1です。

 

ビタミンB1はスタミナ不足に対する救世主

ビタミンB1は体内の糖質をエネルギーに変換するのに必要です。逆にこのビタミンB1が不足すると体内の糖質が分解できずに疲労物質に変わってしまいます。

ビタミンB1が多く含まれる食品としては、うなぎ、豚肉、レバーなどが豊富です。

 

ビタミンB1をサポートするニンニクの力

またビタミンB1を多く含む食材と、一緒に摂取すると効果的なのがニンニクです。

ビタミンB1は水溶性で体内に長くとどまれないのですが、ニンニクに含まれるアリシンと結合すると、アリチアミンという物質に変化します。

このアリチアミンに変化すると、体内のビタミンB1分解酵素の影響を受けにくくなります。そのためビタミンB1の効果が持続しやすくなります。

 

3.質の良い睡眠を意識する

質の良い睡眠は体力回復に大きな効果を持ちます。

しかし質の良い睡眠が出来るかどうかは、寝る前の準備でほぼ決まります。

以下の項目を意識すると、質の良い睡眠を取ることが可能です。

  • 悩みは一旦忘れる
  • 睡眠の2~3時間前に食事を終わらせる
  • 睡眠の1時間前に風呂に入る
  • 入浴後に軽いストレッチをする
  • 寝る前に強い光を浴びない

 

これらの項目を意識することが大事です。大事なのはリラックス状態に入るということです。

上記の項目は全て、体をリラックス状態にするために必要です。

 

3-1.悩みは一旦忘れる

悩みがあるとストレスが溜まって、交感神経が優位になりリラックスできません。ですから悩みは明日に持ち越して、今日は忘れてしまいましょう。

 

3-2.睡眠の2~3時間前に食事を終わらせる

食後の2~3時間は消化中なので、体がリラックスできません。そのため寝る時間を計算して、早めに夕食を取るようにしましょう。

 

3-3.睡眠の1時間前に入浴を終わらせる

実は入浴してから1時間後が一番眠くなるタイミングです。

それは入浴して上がった体温が徐々に下がってきて、一番眠りに入りやすくなる時間が1時間後だからです。

実は寝るためには体温の低下が必須なので、質の高い睡眠を取るためには計画的に入浴することがとても効果的です。

 

3-4.入浴後に軽いストレッチをする

また入浴後に軽いストレッチをするのも効果的です。体の筋肉を伸ばして疲労物質を排除する効果が有るからです。

疲れを翌日に持ち越さないためには、必要なことです。ちなみに寝る前に行うストレッチに関しては、こちらの記事がおすすめです。

 

3-5.寝る前に強い光を浴びない

また寝る前に強い光を浴びないことは大事です。寝る前にPCやスマホの画面を見ると脳が活性化してしまいます。

また部屋を暗くすることも重要です。部屋を暗くすることで、脳が睡眠状態に移行するからです。

 

4.疲労回復効果のある入浴法を心がける

また疲労回復効果のある入浴を心掛けると効果的です。入浴時間は寝る1時間半前に入り、20~30分ほど入浴するのがベストです。

温度に関しては38~40度のぬるま湯が一番です。

温度が高すぎると交感神経が優位になってしまい、眠る際に支障が出てしまいます。ぬるま湯にはリラックス効果が有り、就寝を助ける働きが有ります。

 

体力は意識をすれば作れます!

これらの項目を実践することで体力を意図的に作れます。

  1. ウォーキング習慣を取り入れる
  2. スタミナが付く食事を摂取する
  3. 質の良い睡眠を意識する
  4. 疲労回復効果のある入浴法を心がける

大事なのはとにかく実践することです。これらの方法は意識的に実践することで改善することは可能です。

やることをしっかりと行えば、元気は取り戻せるということですね。

 

確実に体力を取り戻すための裏ワザが滋養強壮剤

そして体力を確実に取り戻すための裏ワザが滋養強壮剤の併用です。

滋養強壮剤には滋養強壮成分が配合されており、明らかに疲れにくくなります。特に驚いたのは仕事が終わった後に体が全く疲れていなかったことでしょうか。

最初は怪しいと思っていのですが、普通に効いて感心したのを覚えています。

ちなみにおすすめしたいのはプロキオンという滋養強壮剤です。

このプロキオンはニンニクの有効成分、オキソアミヂンを濃縮した滋養強壮剤であり、疲労回復や滋養強壮に高い効果を持っています。

  • 昔のようにはどうしてもいかない
  • 気持ちがあるが体はついていかない
  • 元気がなくなる
  • 疲れがたまりやすい
  • 朝起きて既にくたくた

これらに該当する方は一度検討して見る価値はあると思います。先程紹介した対策と併用すると、驚くほど効果を実感できます。

私も最初は半信半疑でお試しパック980円を試してみたのですが、試してみたら予想以上に効くものだから驚いています。

興味のある方は一度、公式サイトを見てみてください。多分、後悔はしないですよ。

→滋養強壮剤プロキオンの公式サイトをチェック

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング