1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫器質性EDの原因と対策方法について

器質性EDの原因と対策方法について

こちらでは器質性EDの原因と対策方法について解説しています。興味のある方は最後までご覧ください。

器質性EDとは?

EDというのは性行為の際に男性器が勃起しなくなるという症状を言います。このEDについてはメディアなどで取り上げられることも多いので、言葉やおおまかな症状はご存知の方も多いのではないでしょうか。
ちなみに、このEDについてですが、実は2つの種類に分けることができます。それが器質性EDと心因性EDというものになります。これはEDの原因が体の問題なのか、心の問題なのかという区分けになります。今回は体の問題で発生する器質性EDについて見ていきたいと思います。

器質性EDの原因とは?

さて、器質性EDについてですが、上記でも述べたように体の問題で発生するED症状になります。この器質性EDの原因となっているのが「PDE5」という物質になります。このPDE5という物質は性器の平滑筋という筋肉が弛緩する働きを阻害するという性質を持っています。
男性器が勃起するメカニズムとしては性器の平滑筋という筋肉が弛緩することが大前提になります。勃起するにあたって、平滑筋という筋肉を弛緩させるための物質が体内において分泌されて、これが平滑筋の弛緩につながります。平滑筋が弛緩することにより、性器の血行がよくなり、その結果男性器が勃起するというのが、勃起の基本的な流れになります。
この平滑筋を弛緩させる物質を分解するという働きを持っているのがPDE5になります。したがって、PDE5という物質が体内に分泌されることが器質性EDの発生原因となっています。

器質性EDの対策法とは?

では、この器質性EDへの対策法としてはどのような方法が考えられるのでしょうか。器質性EDを改善するための最も効果的な方法はED治療薬を服用することになります。このようなED治療薬として、世間で最も有名な薬はバイアグラになるでしょう。バイアグラの名前は一時期メディアなどでも活発に取り上げられたのでご存知の人も多いのではないでしょうか。
このED治療薬については、正式な名称は「PDE5阻害薬」という名前で呼ばれています。その名の通りPDE5の働きを阻害する効果のある薬がこのED治療薬になります。
また、ED治療薬というのは何もバイアグラに限定されている訳ではなく、レトビラ、シアリスなどさまざまな薬があります。これらのED治療薬はそれぞれ持続時間が違う、勃起力アップの効果の強弱が違う、副作用や服用時の注意点が違うといったような特徴があります。それぞれの薬の特徴をつかんで服用するようにしましょう。

 

関連記事はこちら

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング