1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫体の疲れが抜けない原因は何なのか?

体の疲れが抜けない原因は何なのか?

体の疲れが抜けない…一体どうすればいいのか?

そんな悩みを抱えている方は多いと思います。こちらでは体の疲れが抜けない原因と、その対処法について解説しています。

興味、関心のある方は最後までご覧になってみてください。

つらい体の疲れは一体どうすれば良いのか?

体の疲れが抜けない時はどうすれば良いのでしょうか?

まずは体の疲れが抜けない4つの原因を把握して、そして具体的な対処方法を知り実践することが大事になります。

ここから先は、原因と対処方法に絞った解説をしていきます。

 

体の疲れが抜けない4つの原因

まず初めにですが、体の疲れが抜けない原因は4つ存在します。自分の今の状態と照らし合わせて、原因を探ってみてください。

 

1.筋肉の凝り・緊張

長時間同じ作業をしていると、筋肉が硬直して肉体疲労の原因となります。

具体的にはどんな作業かと言うと、デスクワークや長時間の立ち仕事、車の運転、家事、育児、スポーツなどをしている時です。

これらにより筋肉が収縮して疲労感を感じるのです。

ちなみに筋肉の収縮には、乳酸が関わっているという説が以前では有力視されていましたが、近年の研究ではそれは適切ではないことが分かってきています。

 

2.睡眠不足

睡眠不足が不足していると当然のことながら、肉体疲労の原因となります。

また睡眠には体以外にも、脳の休息という側面もあります。睡眠が不足している脳が需分に休まずに疲労感を感じることがあります。

つまり筋力的には疲れていなくても、脳が付かれていると肉体的な疲労を感じることが多いということです。

日中に強い眠気に襲われる方は、これを疑った方が良いでしょう。

 

3.精神的なストレス

精神的なストレスは肉体疲労の原因となります。

身体はストレスに対応するため、 交感神経系の活動を活性化し、身体の各器官を戦闘態勢にします。

具体的には、 副腎皮質ホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなど)の分泌を増やし、 脳を覚醒させ、筋肉への血流を増やし、気道を広げ、消化管の活動を停止させるなど、 いつでもストレスに対して戦闘、または、逃避行動に移れる状態を作り出します。

本文引用精神的ストレスと疲労解消法

精神的なストレスを感じると、交感神経系が優位になり、体が緊張状態(戦闘態勢)に入りそれを維持します。

そのため疲労が蓄積しやすくなります。また休息状態である副交感神経系に移行しづらくなり、十分な睡眠や休息が取れなくなります。

つまり精神的なストレスと、肉体疲労には密接な関係があるということです。

 

4.内科な病気の前触れ

疲労感を感じる病気は非常に多いです。代表的な物としては慢性疲労症候群、がん、うつ病、糖尿病、更年期障害、パーキンソン病、不眠症などです。

実は疲労感を感じる病気というのは、100種類を余裕で超えているため、疲労感だけでは何の病気か特定するのが難しいのです。

ですから疲労感が抜けない場合は、医者にかかることを推奨します。

 

体の疲れが抜けない時の具体的な対処法

続けて体の疲れが抜けない時の具体的な対処法・対策について解説します。これらは効果が有るので試してみてください。

 

1.ストレッチをする

まず最初に推奨したいのはストレッチです。これは非常に効果があります。

特に長時間同じ姿勢で作業をしている方は、作業の合間に取り入れると効果的です。血行が促進されるだけでなく、疲労感の軽減にもつながります。

長時間やる必要はなくて、こまめにストレッチを挟むことが効果的です。休憩時に軽く動かす程度でも十分な効果は実感できます。

 

2.半身浴・足湯をする

半身浴や足湯は疲労回復には効果的です。温熱効果と水圧効果により、血行が良くなることで疲労回復効果があります。

この時に意識してほしいのは、熱すぎないぬるま湯に浸かるということです。

熱いお湯だと交感神経が優位になってしまうため、リラックスすることが出来ません。副交感神経が優位になるぬるま湯に長時間浸かるのがベストです。

 

3.睡眠をしっかりと取る

睡眠をしっかりと取ることが重要です。深い睡眠には、体と脳の疲労の両方を取る効果があります。

この際に意識してほしいのは、寝る前にぬるま湯に入浴して、部屋も早めに暗くしてから寝るということです。

これらの動作は副交感神経を優位にして、休息モードに移行するために必要なのです。

睡眠は7~8時間ほど確保できればベストです。十分な睡眠を取るためには事前準備が重要になります。

 

4.疲労回復に効果的な食事をとる

疲労回復に効果的な成分としては、パントテン酸、マグネシウム、タンパク質、クエン酸、カルシウムなどが効果的です。

タンパク質やクエン酸は肉体疲労。パントテン酸、マグネシウム、カルシウムは脳の疲労に効果的な成分です。

疲労回復に効果的な成分を多く含む食材

成分 多く含む食材
パントテン酸 豚レバー、鶏ささみ、牛レバー、うなぎ
マグネシウム 枝豆、きな粉、煮干し、干しえび、あおさ、ごま
タンパク質 しらす、あゆ、かつお、生ハム、いわし
クエン酸 レモン、グレープフルーツ、キウイ、梅干し
カルシウム 干し桜えび、豆腐、ひじき、牛乳、小松菜

具体的には上記のような食材を摂取すると効果的です。料理なども工夫すると効果的だと言えますね。

また筋トレなどをしている方は、疲労回復にはBCAAなどのアミノ酸も効果的です。これらは筋肉の分解を防ぎ疲労蓄積を防ぐ働きがあります。

 

それでも疲れが取れない場合は通院を検討

これらの4つの対策を試しても、疲労が全く解消されない場合は通院を検討しましょう。

上記の4つの対策を実践すれば、疲労は改善傾向に向かうのですが、そうでない場合は何らかの病気を抱えている可能性があります。

疲労感を感じる病気で多いのは、やはり慢性疲労症候群でしょう。

慢性疲労症候群とは、慢性的に疲れが抜けない病気です。この可能性を加味すると、まずは内科に通うのが一番かと思われます。

自分だけでは限界を感じたら、まずは医師に相談することが大事です。

 

この記事のまとめ

  • 体の疲れの原因は筋肉の凝り、睡眠不足、ストレス、病気
  • 精神的なストレスが原因で肉体疲労が蓄積される
  • 対策としてはストレッチ、半身浴、睡眠改善、疲労回復に効く食事
  • 疲労が全く解消されない場合は内科へ
  • 疲労を感じる病気で多いのは慢性疲労症候群

体の疲れが取れない時の原因と対処方法については以上です。大事なのは自分の原因を知り、適切な対策を取ることです。

また慢性疲労症候群の可能性もあるので、疲れが取れない場合は内科へ行きましょう。その他の病気であった場合も、早期発見につながります。

ともあれ参考になったのであれば幸いです。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング