1. ホーム
  2. EDに関する知識
  3. ≫ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは

ED(イーディー)とは「Erectile Dysfunction」の略称であり、日本語に訳すと勃起不全、勃起障害とも呼ばれる病気です。

EDと聞くと全く勃起しなくなる病気だから、自分には関係ない。そういった考えを持っている方もいますが、それは大きな間違いです。

中折れや勃起力低下などの症状も立派なEDです。

今回はそんなEDについて解説していきます。

日本人男性の4人に1人がEDという現実

1998年に行われた調査によると、中等度ED「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」と、重度ED「勃起せずに性交不可能」の日本人男性(成人)は、約1130万人でした。年代別に見ると、なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。ED(勃起不全)は身近な疾患と言えるのではないでしょうか?

本文引用ED(勃起不全)の意味とは?|日本新薬

こちらのデータによりますと、日本の成人男性の約1130万人はEDに悩んでいます。

さらに年代別にみると50代は4人に1人、60代は1.7人に一人の計算になります。60代になるともう半分以上がEDと数値で示されています。

 

EDには大きく分けると3種類

EDのタイプがあり大きく分けると3種類存在します。それは器質性ED心因性ED混合型EDです。

 

1.器質性ED

器質性EDは体の機能の低下によって生じるEDです。加齢や生活習慣病により引き起こされるEDです。

年齢で見ると50~60代の男性に多いです。

 

2.心因性ED

心因性EDはメンタル面で生じるEDです。精神的なストレス、夫婦間のいざこざ、トラウマによって生じます。

こちらは30~40代の男性に多いタイプのEDなのですが、10代や20代でも起こりうるEDです。

 

3.混合型

器質性と心因性の混合型のEDです。

EDの中ではこのタイプが地味に一番多いと言われています。つまりED対策には体と心の両方のケアが大事だということです。

 

この記事のまとめ

  • EDは非常に身近な病気
  • 勃起力低下や中折れも実はEDの症状
  • 50代の4人に1人、60代の1.7人に1人はED
  • EDは器質性、心因性、混合型の3種類ある
  • 一番多いのは混合型ED

この記事をまとめると以上のようになります。これを見ればわかりますが、EDは非常に身近な病気です。

しっかりと対策をしていきましょう。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング