1. ホーム
  2. 精力剤の基礎知識
  3. ≫精力剤には副作用はありますか?

精力剤には副作用はありますか?

精力剤には副作用が存在するタイプがあります。こちらでは具体的な副作用とそのリスクについて解説したいと思います。

またこちらでは精力剤を強精剤、強壮剤、勃起薬の3種類に分類して解説します。

強精剤、強壮剤、勃起薬の違いが判らないという方は、事前に「精力剤とは」のページをご覧になってください。

それでは解説していきましょう。

1.強精剤の副作用

強精剤は医薬品認定されているものが多く、以下のような副作用が存在します。

  • 発疹、吐き気、発熱、肝機能障害
  • 男性ホルモンの分泌量が低下する

などの副作用があります。最初の副作用は医薬品だから仕方がないとして、問題となるのは後者の方です。

基本的には医薬品で男性ホルモンを補うので、自身の男性ホルモンの分泌量が低下してしまうリスクが存在するからです。

そのため対処療法的な意味合いも強く、長期的な仕様は推奨は出来ません。

また大半が医薬品であるため、使用には正しい知識と医師による指導が必要です。全ての人が使用できるわけではないので注意です。

 

2.強壮剤の副作用

強壮剤は基本的には目立った副作用は存在しません。

ただし服用後の胃の不快感や、食物アレルギーなどの副作用が存在する場合があります。そこには注意が必要です。

ですがそれは一般の食事でもありうる範囲なので、アレルギーを持っていない方は、国産の強壮剤であれば比較的安心です。

 

3.勃起薬の副作用

勃起薬は全て医薬品なので、明確な副作用が存在します。具体的には以下のようなものが多いです。

  • 動悸、頭痛、顔の火照り、目の充血
  • 重大な副作用としては肝機能障害

これらの副作用が存在します。これらの副作用は生活習慣病を抱えていたり、年齢を重ねていたりするとリスクは高まります。

あくまで薬の力で一時的に勃起させているので、長期使用は推奨できません。

また医薬品であるため、使用には医師による診断による処方と、正しい知識が必要です。全ての人が使用できるわけではないので注意です。

 

まとめ

  • 完全に副作用が無い精力剤は存在しない
  • 大半の強精剤と、勃起薬は医薬品であるため副作用がある
  • 強壮剤は副作用は存在するがアレルギー以外は気にしなくていい
  • 強精剤、勃起薬の長期使用は推奨できない

まとめると以上のようになります。強精剤と勃起薬は強力であるため、医薬品認定がされているため副作用が存在します。

そのため長期的な使用は避けた方が良いです。

一方目立った副作用が無いのが強壮剤です。結構増進効果も期待できるため、長期的に服用するならリターンが一番大きいです。

ちなみに当サイトで一番推奨しているのも強壮剤です。詳細は該当記事をご覧ください。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!最強精力剤ランキング

2222

ペニス増大サプリ人気ランキング